引越し侍予約サービス

引越し 費用 一人暮らし

一人暮らしの場合、荷物も少ないですし、単身パックなどを利用することで費用を抑えることができます。さらに荷物が少ないのであれば自身で軽トラをレンタルしてきて、荷物の運搬などもやってしまうと費用をかなり抑えられるかと。

ただ、この軽トラで運搬する方法は費用を抑えられますが、比較的移動距離が短い場合に限るので、長距離移動する場合は、やはり業者に頼むしかないので単身プラン、パックを利用することをお忘れなく。

 

あと、最近ではフリーレントという入居方法があります。
これは、入居してからしてから1,2ヶ月の間だけ家賃が無料になるというものです。

一見、嬉しいことばかりですがデメリットもあります。

普通なら2年の更新前に引っ越しすると敷金が返ってこない事がありますが、フリーレントの場合は24ヶ月未満の残り月を支払う必要があり、返って費用がかかる場合が多いです。

逆を言えば、2年間は最低でもそこにいると決まってるのであれば、この契約を利用することで費用も抑えられますね。

 

引越し 費用 総額

初期費用では敷金、礼金、仲介手数料、管理費、共益費、火災保険料がかかる他、業者への支払いや挨拶の品、要らない物を処分する料金などがかかります。

また、入居日が月初めでない場合は日割り家賃なども発生します。

 

それに加えて家電など必要なものを揃えるとなると、最低でも総額10万円は用意しておかないと厳しいかと思います。完全に初めての一人暮らしの場合は、必要になる物が多いのでもう少し予算があったほうが良いですね。

 

このようにお金がかかってしまうので、節約できる場所はできるだけ節約したほうが良いわけです。

なので、業者を選ぶ時などは、まさに一括見積もりサービスで最安値のところを見つけておいたほうが良いと思いますよ?

 

1分で一番安い引越しを探す!

引越し 費用 平均

通常期での引っ越しの費用の平均値は以下の通りです(移動距離が15km以内での場合)

 

単身、15km以内=29.000円
二人暮らし、15km以内=37.000円
3人以上、15km以内=54.000円

 

ただ、繁忙期だった場合は費用が約2倍になると思ったほうが良いですね。
それに移動距離が増えれば当然値段も高くなっていってしまいます。

 

詳しい情報を知りたい場合は引越し侍のサイトにある引っ越し料金計算シミュレーションを利用すると良いですよ!すぐに結果が出るので、どのくらい費用がかかるか参考程度にわかります。

 

そもそも引っ越し費用には定価が無いため、料金について少し分かり辛いところがありますよね。

そのうえ、業者によっての得意分野やオプションなども違ってくるので、自身にあった業者であり、値段が安いという理想の条件を探すのは難しいです。

 

なので、その理想の条件である業者を見つけるためにも、同じ条件で一括見積もりを出すのが一番簡単で早く見つけられる方法と言えます。

 

一番安い引越し業者は?

SEO対策テンプレート

管理人プロフィール


管理人の亮です。

 

引越し業者で働いてました。
今は普通のサラリーマンをしながらダーツバーに通うのが趣味くらいです。

 

基本インドア派・・・笑

役立つ情報
© 2017 引越し rss